エピレの妊娠中・授乳中の対応まとめ!【お休みや再開の時期は?】

      2019/09/11

エピレでは、妊娠中に脱毛施術を受けることはできません。

↓公式サイトを確認すると、以下のように記載されています。

これはエピレだけの話ではなく、どこのサロンでも施術はお断りされます。

なぜ施術を受けることができないのか、その理由や脱毛を再開できるタイミングなど妊娠中や授乳中の対応について解説します。

>>エピレの公式サイトはコチラ!

妊娠したらエピレで脱毛が続けられない理由は?

妊娠したらエピレで脱毛が続けられない理由!

妊娠したら、脱毛が受けられない理由ですが、

  • 妊娠中はホルモンバランスが崩れやすい状態で、シミ、くすみ、ニキビ、乾燥などの肌トラブルが起きやすい!
  • ホルモンバランスの影響で脱毛効果が薄れてしまう!
  • 脱毛時の痛みにより、陣痛を誘発し早産や流産の危険性がある!
  • 施術時は薄着になるので、身体が冷え妊婦や胎児に悪影響を及ぼす危険性がある!
  • 妊娠している時は体調を崩しやすい!
  • 施術中に無理な体勢を取ることで身体に負担が掛かる!

といった問題があるからです。

脱毛効果が出にくい上に、自分の身体やお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるリスクを考えると脱毛を続けられないのも当然です。

妊娠が分かった時点で、まずは赤ちゃんを無事に産むことを最優先に考えてください。

エピレの脱毛中に妊娠してしまった時の対応は?

エピレの脱毛中に妊娠してしまった時の対応!

エピレの脱毛中に妊娠してしまった時の対応ですが、

  • 脱毛を休止する!
  • 解約する!

のどちらかを選択することになります。

エピレの脱毛を休止する!

脱毛が再開できるまで、お休みする場合ですが、電話で通っている店舗に連絡するだけです。

休止できる期間ですが、基本的に契約日から4年間となっています。

4年間の間に脱毛を完了させれば、支払ったお金も無駄にならなくて済みます。

4年間での完了が難しければ、店舗によっては個別に期間を延長してくれるところもありますので、各店舗のスタッフさんに相談するようにしてください。

ファーストプランなら、コースの契約期限が設定されていないので、長く休止期間を取っても問題ありません。

エピレの脱毛契約を解約する!

今後の子育てや家庭の事情で、脱毛を継続するのが難しい人は、この時点で解約することもできます。

解約の手続きですが、通っている店舗に連絡し後日郵送されてくる書類に記入、捺印して、送り返して手続き完了です。

基本的に、店舗に来店する必要はありません。電話と書類のやり取りだけで済みます。

エピレのインフォメーションセンター(0120-531-065)か各店舗に連絡

エピレで解約したら返金してもらえる?

契約の途中で解約した場合、施術を受けていない分は、返金してもらえます。

契約時に支払った費用から、すでに終了している施術回数分を引いた金額が返金対象となります。

ただし返金額の10%が、解約手数料として差し引かれます。解約手数料の上限は2万円です。

エピレの脱毛中に妊娠したら休止か解約どちらがベスト?

私個人的には一旦休止することをオススメします。

2年程、様子を見て、再開の目途が立たない時に解約手続きをしても良いのではないでしょうか。

解約した後に、やっぱり脱毛を受けたくなると、支払った解約手数料が損ですし再度契約手続きの手間も発生します。

休止と解約の大きな違いは、手数料が発生してしまうことです。出来るだけ余計な費用を払わずに済む方法を選ぶようにしましょう。

※再契約だと、初めての方限定キャンペーンや特典も受けられなくなることを理解しておいてください。

エピレの妊娠に関するQ&A!

エピレの妊娠の契約に関するQ&A!

エピレでは出産してから、どれぐらいで脱毛を再開できる?授乳中はOK?

脱毛の再開は、出産後3ヶ月以降で生理が2回以上来てからになります。

ただし出産後3ヶ月以降でも、授乳中の人は脱毛できる部位に制限があり、ワキ、胸、乳輪周りの脱毛は受けれません(卒乳するまで脱毛を控えるのがベスト)。

授乳中は、妊娠中と同じでホルモンバランスの影響により、肌トラブルが起こりやすく脱毛効果が薄いからです。下手をすると逆に体毛が濃くなったり、授乳ができなくなる可能性もありますので、ご注意ください。

出産後3ヶ月以降で、生理が2回以上というのは、あくまで目安です。再開できる基準をクリアしていたとしても、体調に問題があれば脱毛の再開は見送るようにしてください。

妊娠していることに気付かずにエピレで施術を受けたけど、お腹の赤ちゃんは大丈夫?

エピレの光(フラッシュ)脱毛は、体毛から3mm程しか光が届かないようになっていますので、身体や赤ちゃんへの悪影響の心配はありません。

脱毛の光は、X線や紫外線などの有害なものではありませんので、安心してください。もし光脱毛の光に問題があれば、すでに臓器に何らかの問題が起こっているはずです。

妊娠中に脱毛サロンでの施術が禁止されているのは、万が一を考えてのことです。何かが起こった時に、サロン側では責任が取れないので妊娠中の施術は禁止されています。

妊娠中に脱毛したい時はどうすればいい?

妊娠中は、増加するホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)の影響で、体毛の色が黒く濃くなる時があります。

どうしてもムダ毛が気になった時は、女性用の電気シェーバーで自己処理するようにしてください。痛みも少なく肌荒れのリスクも低いです。

↓エピレでは、パナソニックの「フェリエ」を自己処理用として推奨しています。

間違っても、毛抜きやカミソリ、ワックスなどで処理しないようにしてください。肌トラブルの原因となります。

妊娠中でも施術できるサロンはある?

脱毛サロンに関しては、妊娠中に施術を受けれるところはありません。

ですが医療機関で医師が常駐しているクリニックなら、妊娠中でも施術を受けられるところもあります(公式サイトには明記していないケースが多い)。

どうしても妊娠中も施術を受けたい人は、クリニックに問い合わせてみてください。

妊娠中や授乳中に肌トラブルを起こした時の治療は大変!使用できる薬が制限される!

もし妊娠中や授乳中に施術を受けて、肌トラブルや体調不良が起こっても、お腹の赤ちゃんに影響を与えない薬しか処方できずに治療が制限されます。

影響がない薬であっても、飲み続けることで、どんな副作用が起こるかも分からないので、私個人的にはリスクの高い妊娠中や授乳中の施術はオススメできません。

妊娠で長期間休止すると、脱毛効果は薄れる?

妊娠するまでに、どれだけの施術を受けていたかによります。

何度も施術を受け、脱毛効果を実感できていたのなら、簡単に効果が薄れることはないですが、1~2回ぐらいしか施術を受けていなければ、長期間のお休みにより効果が無くなることもあります。

エピレで契約した直後に妊娠が発覚した場合は?

契約してから8日以内なら、クーリングオフの手続きが可能です。8日を過ぎると中途解約となりますので、妊娠が分かった時点で早めに手続きを済ませるようにしてください。

エピレでの妊娠中・授乳中の対応に関するまとめ!

以上、エピレの妊娠中や授乳中の対応について解説しました。

妊娠中は、エピレだけでなく、どの脱毛サロンでも脱毛施術は受けれません。

一部のクリニックでは、施術可能ですが、肌トラブルや体調不良などのリスクを考えると施術はオススメできません。

エピレでの脱毛再開の基準をクリアしていても、自分の身体の調子が戻っていないと感じるなら、脱毛は控えるようにしてください。

無事に赤ちゃんを出産することと元気に育てることが何よりも最優先です。脱毛は一段落が着いて、時間的にも精神的にも余裕が出てからでも遅くはありません。

>>エピレの公式サイトはコチラ!

エピレの最新キャンペーン情報!

現在、両ワキ脱毛6回が、通常14,580円(税込)のところ、最大96%OFFで500円(税込)となるキャンペーン中です!

↓WEB予約なら、24時間受付中です!

>>エピレのキャンペーン情報はコチラ!



 - エピレについて